このサイトについて

What
このサイトは私の実体験を元に、不動産査定に不安を感じている人の不安を解消するサイトです。
所有している不動産はあるけれど、いったいいくらぐらいで売れるのだろう?
そんなことを考えたことがある人は多いと思います。
不動産に関する情報は外部には流れてこないですし、身近で不動産査定をしたことがある人はなかなかいないと思います。
「一括査定をしたら営業電話がかかってくるの?」「近所の人に知られてしまわない?」
「不動産屋によって査定額が違うの?」
Who
このサイトの管理者は東京生まれ東京育ち、元銀行員の30代の男性です。家族は私と妻と犬。
大学の在学中に、父親が会社を経営していたこともあり、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。その後、銀行に就職し融資担当、法人営業、個人営業を担当。個人営業の部署にいた際は、主に資産家の資産運用や相続対策などを担当していました。
退職後、長野県に移住してECサイトの運用やWebサイトの運営をしながら第二の人生を歩んでおります。
都内の銀行に勤めている時は、
Why
銀行員として働いていたころにお会いしたお客様は、資産運用や保険の知識はあるのですが、不動産に関する知識が一切ない方がたくさんいました。
保険や資産運用はインターネットや雑誌などで度々特集が組まれますが、不動産については小難しい本を読まないと詳しくわからないのが実情です。
私も業務上、提携している不動産屋で売却すると手数料が入る関係もあり、他の業者を通さずに一社の査定額しか出さないことが何度もありました。
本来、お客様のメリットを考えたうえでの提案をしたいと考えていたのですが、組織がそうはさせません。
どうしても銀行にとってメリットのある選択肢を選ばせるように顧客に仕向けてしまうことが多くありました。
本来は多様な選択肢があるのにも関わらず、銀行の都合の良い選択肢を第一に提案するスタンスに疑問を持ち続けていました。
妻も元銀行員なのですが、銀行に対しては同じ思いを持っていました。
一度持ちはじめた不信感を解決することはできず、結果的に銀行を辞める決断をしました。
夫婦ともに銀行を辞めるという決断をするまでは長い時間がかかりましたが、お互いに納得の上での決断でした。
私も都内に父が一人で住む不動産があります。
私が長野県に住んでいるので今後の実家の管理について不安がありました。
そこで、将来的な売却も視野に入れて不動産査定を行い、その経験を当サイトで公開することにしました。
How
このサイトでは銀行に勤めていた時に得た実体験、最新の事例、実際に自分で不動産査定を行った結果を元に記事にしています。
このサイトを見てくれた方の、不動産査定に対する不安が少しでも解消されたらうれしく思います。

投稿日:

Copyright© 実践!はじめての不動産査定 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.