不動産売却の基礎知識

不動産会社の選び方。信頼できる不動産会社を選ぶ基準を紹介します。

更新日:

「不動産業者ってどうやって選べばいいの?」

銀行員時代もよく聞かれた質問で、当時は解答に困らない質問でした。

というのも、銀行員時代は近隣の大手不動産業者や地元不動産業者の会社・担当者について熟知しており、案件によって最適だと思う先を紹介できたからです。

しかし、銀行を退職してしまった現在では、身近に不動産会社や金融機関の知り合いはいません。

この記事では実家の不動産売却にむけて。私がどのように不動産会社を選ぶのかを解説します。

「選び方」とはいえ、個人的には不動産の業者の良し悪しは、「担当者を信頼できるか?」に尽きます。

 

大手不動産会社と地元不動産会社の特徴

まずは、大手不動産会社と地元不動産会社の特徴を説明します。大手不動産会社とは誰もが一度は名前を聞いたことがある会社を指します。大手財閥の名前がついている不動産会社をイメージして下さい。

地元不動産会社とは地元だったら知っているけど、地元を一歩出ると知られていない不動産会社をイメージして下さい。

不動産業者の種類

上記した不動産会社の特徴を解説していきます。私の経験則も入ってますのが参考にしてみて下さい。

大手不動産会社(テレビでCMしている)

大手不動産会社の一番の特徴は安心感。とりあえず悪いことをしない印象はありますよね。大手の不動産会社はお客さんの数が多いので、取引が早く決まりやすい特徴があります。

大手の業者としては金額の高い取引を行いたいので、安い物件の優先順位が低くなってしまうことがあり、銀行員時代にお付き合いしていた大手不動産会社も、取引金額が低い物件に対しては動きが鈍かった印象があります。

準大手不動産会社(特定の都道府県内では認知度が高い)

準大手不動産会社は地元では多くの人に知られていて、ローカルテレビやラジオではCMが流れているイメージです。特徴は安心感と情報の広さのバランスが取れていること。銀行員時代に一番お世話になったのは、このタイプの不動産会社です。

地元の不動産会社

社長の他に従業員が数人いるタイプの不動産屋。こうした地域密着型の不動産会社はインターネット上にはない地元特有の情報を持っています。

また、大手不動産業者より素早く、丁寧に対応してくれることが多いでしょう。

銀行員時代にお付き合いしていた地元の不動産業者は、金額が小さな売却案件にも素早く動いてくれます。地元の売買希望者の情報を豊富に持っている業者もあるので、大手不動産会社では進まな買った取引がトントン拍子で進んだというケースもありました。

地元の不動産屋(個人)

高齢の代表者と事務員の2人で運営している不動産屋さん。このタイプの不動産屋は主に長年積み重ねてきた不動産の管理業を主にしています。

地元の不動産会社と同様に地元特有情報を持っている可能性がありますが、情報に偏りがある場合があります。銀行員時代にお付き合いしていたこのタイプの不動産屋は、「当たり」と「ハズレ」の差が激しかったので注意が必要です。

不動産会社を選ぶポイント

不動産会社の種類を大きくわけると上記のような特徴があります。

繰り返しになりますが、不動産会社を選ぶ上で一番大切にして欲しいポイントは担当者との相性です。知名度が高い会社だから不動産が高く売れるということはありませんよ!

解説をした意味がないじゃないか!?と言われてしまいそうですが、これに尽きます。大手の会社であっても残念な担当者はいますし、小さい会社でも優秀な人もいます。

 

信頼できる不動産会社を選ぶポイントは、

  • 担当者とのメールのやり取り
  • 電話での対応や会話内容
  • 店舗の雰囲気

やり取りをするなかで、違和感を感じたら引き伸ばさないで断りましょう。中途半端に期待感を持たせてもお互いにメリットがありません。

 

不動産会社の見つけ方

不動産売却は多くの方にとって人生に1度きりの経験で、膨大な労力を必要とします。

不動産会社を一社を選んで査定をしてもらうだけでエネルギーを使い果たしてしまい、他の業者と比較をする前に取引を決めてしまう方も多いのが実情です。

そこで売却する前に不動産一括査定を使って、自分に合う不動産会社を選びましょう。

売主が「不動産一括査定を使って不動産会社の面接を行う」というイメージです。

 

私が不動産会社を選んだ理由

私も4社の不動産一括査定を申し込んで計11社の担当者とやりとりをした結果、仲介契約を検討している先は、「準大手不動産会社」です。

担当者とのやり取りで、以下のようなやり取りがありました。

  • 「売却だけではなく賃貸をする方法もありますよ」
  • 「ご家族でゆっくり話し合って下さい」
  • 「すぐに売却すると決めないでくださいね」

すぐに結果を出すには適していないセールストークですが、やりとりしている間に「この人だったら任せて大丈夫かも…」と思いはじめています。

こちらの「なぜ売りたいか」を同じ目線で考えてくれる姿勢に共感しました。

何度も言いますが、大切なのは会社より担当者の人間性ですよ!!

あなたも不動産一括査定を活用して「この人だったら不動産売却を任せて大丈夫だろうな」という担当者を見つけて、納得できる不動産売却を実現して下さい。







-不動産売却の基礎知識
-

Copyright© 実践!はじめての不動産査定 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.