不動産売却の基礎知識

不動産査定の基本【レインズ(REINS)】

更新日:

不動産売却をする上で一度は耳にすることになる「レインズ(REINS)」というキーワード。

銀行に勤め始めた頃、レインズがなんのことやらわからずに聞き流していましたが不動産売却とは切っても切れない関係です。

「難しそうだな…」とは思わずにぜひ仕組みを理解してください。レインズの仕組みを知ることがあなたの不動産査定を有利に進めるきっかけにります。

レインズ(REINS)とは

レインズ(REINS)とは国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営していReal Estate Information Network System(不動産流通標準情報システム)の略称。

指定流通機構の会員不動産会社が不動産情報を受け取ったり情報提供を行うシステムで、不動産会社間での情報交換がリアルタイムで行われています。

現在、全国に4法人(東日本、中部圏、近畿圏、西日本)が設立されており、それぞれの地域の不動産情報の交換業務等を行っています。指定流通機構による情報交換を通して、毎年10万件以上の売買が成立しています。

レインズ公式サイト:URL:http://www.reins.or.jp

レインズ(REINS)の仕組み

レインズは不動産会社だけが利用できる情報を交換するインターネット上の掲示板とイメージしてください。

住所や駅、価格帯、面積、間取、階数、接道方向、駐車場の有無、都市計画等の希望の条件を入力して買主の希望条件に合致した売物件を検索できます。

こうしてレインズには現在売却中の不動産情報と、過去に成約した不動産情報が蓄積されていきます。

情報の細かさではレインズには及びませんが一般顧客向けに公開されている不動産情報サイトもありますので参考にして下さい。

不動産ジャパン:http://www.fudousan.or.jp/

レインズマーケットインフォメーション:http://www.contract.reins.or.jp/

どんな物件がレインズ(REINS)に登録されるの?

さて、それではどんな物件がレインズに登録されるのかを見ていきましょう。

不動産仲介の契約には3パターンあり、契約によってレインズへの登録義務があります。

一般媒介契約 専任媒介契約 専属専任媒介契約
契約有効期間 なし 3ヶ月以内 3ヶ月以内
自己発見取引
他の業者に依頼
依頼者への報告義務 なし 2週間に1回以上 1週間に1回以上
レインズの登録義務 なし 7日以内に登録 5日以内に登録

不動産屋がレインズに登録するとレインズから「登録証明書」が発行されるので、契約後一定期間が経過しても不動産会社から連絡がない場合は、証明書の提出を求めて下さい。

不動産会社は売主・買主両方の仲介をする取引を理想としています。不動産会社が両手仲介を獲得するために物件のレインズのへの登録が遅れる場合があるので要注意です。

同時に「買主からの問い合わせにはしっかりと対応して欲しい」との希望を伝えておくとなおいいでしょう。

おわりに

ご説明したとおり、レインズと不動産売却は深い関係があり、レインズの仕組みを知ることで、不動産販売を成功に近づけることができます。不動産に関する知識をしっかりと集めて後悔のない不動産売却にしましょう。







-不動産売却の基礎知識

Copyright© 実践!はじめての不動産査定 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.