不動産売却の基礎知識

訪問査定と机上査定の特徴と、机上査定をしてわかったこと

投稿日:

不動産査定には、訪問査定机上査定の2種類の方法があります。

私が査定をした際は、売却時期が未定だったこともあり机上査定を選びましたが、売却時期がハッキリしている方には訪問査定をオススメします。

この記事では、訪問査定と机上査定の特徴を解説し、あなたに必要な査定方法を考えていきます。

この記事で伝えたいこと

・訪問査定・机上査定ってなに?

・訪問査定・机上査定どちらの査定方法を選べばいい?

 

種類の不動産査定の査定方法がある

不動産会社が行う不動産査定には現地に訪れて行う訪問査定と、現地に訪れずに行う机上査定があります。不動産一括査定の申し込みフォームに、机上・訪問のどちらの査定を行うか入力を求められますので、今後の売却計画を元に、机上・訪問どちらで査定を行うかを決めて下さい。

種類 査定の方法 訪問 精度
机上査定(簡易査定) 取引事例や相場から算出 あり 高い
訪問査定(実査定) 取引事例や相場、現地の状況も加味 なし 低い



机上査定

机上査定とは、不動産のおおよその情報を元に簡易的に査定する方法で、「簡易査定」とも呼ばれます。「机上査定」とは言え、近隣の取引事例を参照しているので相場的な妥当性は十分。査定する物件のデータさえわかれば、一時間以内で査定できてしまいます。

ただ、机上査定で算出された金額を前提にして資金計画を立てるのは非常に危険です。というのも、不動産には素人ではわからない問題が隠されている場合があるからです。簡易査定の結果、3,000万円で売れると思っていたのに、実際に売却しようとしたら道路と接していないために1,000万円の値段しかつかないなんてこともあります。※基本的に金融機関は再建築不可物件には融資しません。

机上査定が苦手なのは一般化できない事象がある物件です。

  • 家の隣に悪臭漂う工場がある
  • 届け出なしで増築した
  • ボロボロで大幅なリフォームが必要
  • 他人の敷地を通らないと家に入れない

こういった要素は不動産の価値を下げる要因となります。実際に現地に行かないとわからない事情がある場合、机上査定では正確な価格は算出できませんので要注意です。

 

訪問査定

訪問査定とは、机上査定で使用するデータに加え、現地の状況も加味した上で査定価格を算出する方法です。現地を訪れないとわからない建物の状態や近隣の情報も加味して査定をするので、机上査定と比べると精度が更に高くなります。

訪問査定での調査は、室内の内覧や境界線の確認、近隣の環境、隣人との関係まで多岐にわたります。こうした調査の上で算出される査定額なので、机上査定に比べて精度が高いのは当然ですね。

査定をしてもらう側も、査定の根拠、近隣物件の売却実績、不動産会社や担当営業マンの姿勢などをしっかりチェックして、仲介契約を結ぶ不動産会社を選定しましょう。売却をお考えの方は是非、訪問査定を受けることをオススメします。

机上査定をしてわかったこと

私は不動産一括査定を利用して不動産会社11社に机上査定を依頼しましたが、そのうち8社から「訪問して物件の状態を確認したい」と伝えられました。

「物件の状態を確認したい」

「直接会ってご挨拶したい」

「近くまで行って物件を見させていただいてもいいですか?」

机上査定を申し込んだので訪問を受けることを想定していなかったのですが、基本的に訪問を求められます。不動産会社は訪問することで、

  • 物件の状態を確認する
  • 不動産売却依頼者に直接会う
  • 他の業者とのやり取りの情報を探る
  • 売却時期を探る

など、仲介に向けて有利な情報を収集したいのです。

まとめ

不動産の取引事例や、市況は日々変化しています。売却希望日がはっきりした時点で査定を行いましょう。また、一括査定を受ける不動産会社は、大手、準大手、地元と規模の違う不動産会社を選び、比較することで妥当性の高い査定金額を知ることができます。
参照:不動産会社の選び方。信頼できる不動産会社を選ぶ基準を紹介します。

不動産一括査定を活用し、相性の良い不動産会社を見つけてパートナーとなる不動産会社を見つけましょう。

この記事のまとめ
・売却する可能性はあるけれど、時期は決まっていない人は机上査定
・売却することを決めていて、時期も決まっている場合は訪問査定







-不動産売却の基礎知識

Copyright© 実践!はじめての不動産査定 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.