不動産一括査定

不動産一括査定に申し込む前に準備することは?

更新日:

不動産一括査定をする上で準備するべきことはある?

今回は、査定を依頼する上で必要な準備について解説します。

 

この記事を読んで欲しい人
不動産一括査定を申し込む前の準備について不安を感じている人

 

私が不動産一括査定に申し込む前に準備した書類

書類名 取得場所
土地謄本 法務局(インターネット請求可)
建物謄本 法務局(インターネット請求可)
建物平面図 法務局(インターネット請求可)
固定資産税都市計画税納税通知書 毎年税務署から郵送

 

私は事前に書類を集めた上で一括査定を申し込みましたが、結論としては

「一括査定前には何も準備しなくてもいい!」です。

というのも、不動産会社が不動産に関連する書類を取得してくれるからです。

複数の不動産会社から、

【土地謄本】【建物謄本】【建物平面図】【公図】

のデータが送られてきました。

 

不動産一括査定で入力を求められる質問

  • 住所
  • 現在の状況(居住中・賃貸中・空き家)
  • 土地
  • 広さ
  • 建物
  • 床面積
  • 間取り
  • 築年数
  • 所有者
  • 査定の理由(住み替え、高齢化etc)
  • 査定の方法(机上or訪問)

 

これらの情報が頭に入っていればいいのですが、

「あれ?この家って築何年?」

「建物面積は何平米?」

なんて方は査定を申し込む前に、不動産について調べてから申し込んでもでもいいかもしれません。

※広さや築年数はおおよその数字でも査定可能です。

 

納得感の高い不動産売却を行うためのポイント

銀行員時代にも遭遇した「これはマズイな…」と思う不動産売却のパターンは、不動産について理解不足のまま仲介契約をして売却手続きを進めてしまうことです。

不動産の持っているポテンシャルを知らなければ、いくらで売却するべきかわからず不動産業者の思いのままになってしまいます。

たとえるなら、骨董品を古道具屋の言い値で売ってしまうようなものですね。

 

銀行員時代のお客さんで多かったのが、

売りたい理由が不明確であるために不動産査定額が提示されても売却に踏み出せない人

自分の不動産の価値や不動産取引の一般常識が不足しているため、不動産会社に都合よく扱われてしまう。

③売却までの期間が短くて不動産会社の言いなりになってしまう。

これから不動産売却を考えているかたは、上記の①②を明確にした上で、時間の余裕を持った不動産売却を心がけて下さい。

不動産売却する上で大切なポイント

①売却理由を明確にする

②不動産について知る(不動産価格の根拠・不動産取引の常識)

③時間的な余裕を持つ

おわりに

不動産一括査定を活用して、自身の不動産の価値を理解するためのきっかけにできるといいですね。

10年前だったら自身の足で不動産会社をまわって査定を依頼していましたが、今では一括査定で、不動産会社から連絡をくれます。本当に便利な時代になりました。

私は不動産一括査定を申し込んで依頼して、3社から不動産の謄本等のデータを添付してもらいました。(その他の会社は査定書や査定金額)

不動産の売却を考えている方は、不動産一括査定を使って自身の不動産についての理解を深めて、納得できる不動産売却を行いましょう。

 

この記事のポイント
査定を依頼した不動産会社が必要な資料を集めてくれるので、不動産一括査定を申し込む前に準備する書類はありません。







-不動産一括査定

Copyright© 実践!はじめての不動産査定 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.